So-net無料ブログ作成

オーディション合格 ヽ(^o^)丿 [BEATLES]

マンチェスターにあるイギリス国営放送局
BBCのブロードキャスティング・ハウスでラジオ出演のためのオーディションを受ける。

結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   合格 ヽ(^o^)丿
3月7日収録の『ティーンエイジャーズ・ターン』への出演が決まる。
Bbc_broadcasting house2.jpg






BBCの建物
かっこいいですね。
















50年前の2月12日(月)の事でした。
翌、13日には
ジョージ・マーティンとエプスタインが初顔合わせをして、、、、。
ビートルズのデモを聴きました。
いっちゃん最初にジョージ・マーティンはボーイズのデモを聴いてどう思ったんでしょうね。

これもデビュー50周年??


nice!(10)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

4人やっとそろった (^o^)v [BEATLES]

またまた50年まえの2月5日1962年のこの日は月曜でした。
リバプールの、とある昼下がり。
キャバーン・クラブでランチタイム・セッション。
(平日の昼にライブをやる!!ってのが凄いですね)
その日の夜はサウスポートのキングスウェイ・クラブ[左斜め下]で演奏。
Kingsway Club.jpg
このクラブ。結構高級なのです。だんだんエプスタインの力が発揮されています。

で、
この日はどう言う日かとゆうと・・・・・・・・
体調の悪かったピート・ベストに代わり、
ロリー・ストーム&ハリケーンズ在籍中だったリンゴが
 
           [音楽]Beautiful Dreamer” スタンダード曲ですね。
                  で、この曲。Beatlesも演奏しています[音楽]

ジョン、ポール、ジョージの3名と一緒に
キャバーンとキングスウェイの両方で臨時のドラマーを務めたのです。
(この日、ロリー・ストーム&ハリケーンズのライブはなかったのです)
そうです。
初めて4人で演奏した
歴史的な日なのです (^^♪

この後、4人が一緒になるのは、まだまだ先の話なのですが・・・・・・・・・・。
nice!(7)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES 歌詞Tシャツ [BEATLES]

年が明けました ヽ(^o^)丿

月が明けました (^o^)v
120124-1.JPG

早いもので、今年も残すところ後11ヶ月[exclamation×2]


120124-2.JPG

今年の冬は13年ぶりの寒さとかで
さすがのオイラも
2~3回暖房[かわいい]を点けました。
未だに24日に降った雪  →
の残骸が残って
近所のガキお子様の
格好の遊び道具になって居ますが
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 



ここからが本題です。
オイラのBeatles仲間(Beatles仲間ってのも変ですが)の
NさんのFacebookに載っていたのが
LORDS OF LIVERPOOL  lyrics by The Beatles   ←クリックを

“lyrics by The Beatles”って言うので
歌詞がTシャツになっちゃったもの。
これもNさんのFacebookに書いてありましたが
Beatlesものは、なんに限らず版権が高いので
Tシャツでも生地的にはうん百円でも、うん千円くらいしてしまうのです。
でも、これは歌詞なので大丈夫かと。
1,500円/枚です。で、早速買ったのが、これ[右斜め下]
Beatles_Tシャツ2.JPG

バックプリントも良い感じです (^o^)v
Beatles_Tシャツ3.JPG


もう1枚は[右斜め下]
Beatles_Tシャツ1.JPG
これはバックプリントは無し。

首のところにあるのはタグです。
これも50周年に・・・・関係ないな、たぶん。。

でも、1,500円なら、もう一枚買っても良いかな。

Nさん情報ありがとうございました m(._.)m


nice!(7)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ビートルズとのマネージメント契約 [BEATLES]

50年前の1962年1月24日。
ビートルズとブライアン・エプスタインとのあいだに正式なマネージメント契約をとりかわしました。

NEMS(ブライアン・エプスタインのレコード店)のオフィスで
キャバーン・クラブのランチタイム・セッションに出演したあと、
ビートルズとの間の契約書にビートルズ全員の署名が取り付けられる。
(マネージメント契約は1961年12月21日)
620124契約書.jpg


マネージャーに就任したエプスタインは
ピートルズを売り出す為、戦略をつぎつぎに考え出して、実行していきました。
皮ジャン.jpg



まず最初に手を
つけたのは
荒々しく野生的な
ビートルズの
イメージをスマートで
洗練されたグループの
イメージに変えること。
皮ジャンと
細身のジーンズ
黒いブーツ
のかわりに・・・。

















・・・・考案されたのが、あの有名な襟なしスーツでした。
写真撮影の時も今までの様な、ふてぶてしいイメージではなく、
さわやかなイメージが要求されました。
衿なしスーツ.jpg

続いてステージでのマナーも一新され、演奏スタイルも決められました。
ワンステージ10曲!!! 30分以内で行う事。しかもベストナンバーのみを演奏し、
アンコールには応じない事。  ビートルズの曲は、どれでもベストナンバーなのですがね (^^ゞ

今まで自由きままにやってきたビートルズが素直に聞く訳が無く・・・・・、
と~~ぜん抵抗[手(パー)]を。

しかし、リバプールの人気グループになった今。。。。
新たな飛躍を期す為には、この新しいマネージャーの言う通りに行うしかなかった。
エプスタインがビートルズに賭けたのと同じ様に、
ビートルズもまた、エプスタインに自らの運命を賭けた。 ←賢い選択でした (^o^)v

一方エプスタインはデッカのオーデションの後ロンドン中を駆けめぐっては
次々にレコード会社にアタック。
コロンピア、エイベックス、フィリップス、テイチク、ベルウッドなどなど・…(一部ウソが入ってます)
しかし、どこもリパプール出身のバンドなど相手にしてはくれなく・・・・
デモテープすら聴いてくれませんでした。 ←愚か者め[パンチ][どんっ(衝撃)]

そしてエプスタインは、この後も奔走を続けていき、
ついに、2月にパーロフォンにたどり着くのです。


nice!(9)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マイボニー 真実は・・・ [BEATLES]

前回の記事でシングルレコードの“My Bonniy”が
大変なことに・・・ って書いたので、
今回はブライアン・エプスタインのお話。

ブライアン・エプスタインと言う人は
ビートルズのマネージャーとして最もよく知られ、彼らからはエピーという愛称で呼ばれていました。


そもそもブライアン・エプスタインがBeatlesの存在を知ったのは、
Brian Epstein.jpg1961年10月28日
トニー・シェリダン(伴奏がビートルズ)の
シングル“My Bonniy”を、レイモンド・ジョーンズという
ビートルズファンがブライアンのレコード店(nems)に
買いに来たときだった。
って、言う定説があるのだが・・・。








nems.jpg
 
                1961年6月22日
                ドイツでMy Bonniyが発売されました。

この定説は、信憑性に乏しいとも言われている。
ブライアンは1961年8月3日発行のマージー・ビート3号から音楽コラムを担当、、、、。
このマージー・ビートの2号(前号で、当時のマージー・ビートは隔週誌)の
トップ記事はBeatles。
3号から音楽コラムを担当することになっている人が、その二週間前に発行された2号の
トップ記事を知らなかった…というのは・・・なのである。って言う説。
merseybeat.jpg

でも、また一方では、ポップミュージックに、まったく興味がなく
クラシックとオペラを好んでいたブライアン。
なので、雑誌は手元にあるけど読んでいない可能性も・・・。
読んでも、記憶に残らない・・・。
で、
このマージー・ビートを通して、当時人気のあったバンドに興味を持った。って、言う説も。
ま、
どっちにしてもブライアンと友人のアリステア・テイラーは、
バンドの演奏を見るために1961年11月9日に、キャバーン・クラブを訪れた。これは事実です。
クラブは自分のショップからわずか2~3分の場所にあるキャバーン・クラブに行って
出演していたBeatlesに興味を持ち契約に至った。って、言う説。
CavernClub.jpg



自分の店から2~3分で
Caven!!! うらやましい~~~ (^^♪








     なお、アリステアの著書『シークレット・ヒストリー』には、
     「レイモンド・ジョーンズっていうのは、客たちが欲しがっている
     ビートルズのレコードってやつを入手したくて、僕が適当に考え出した
     架空の人物なんだから。
                                (原文)」と書いてある。



ま、なんにしてもブライアン・エプスタインがBeatlesに興味を持ったのは
My Bonniyが大きくからんでいるのですよ。


50年前の1月12日
キャバーン・クラブでのステージのあと、
ワラシー=ニュー・ブライトンのタワー・ボールルームで演奏。
メインとして予定されていたバンドが現れず、急遽ビートルズがメインを務めた日でした。


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。