So-net無料ブログ作成
検索選択

ビートルズ・ファン・クラブ [BEATLES]

皆様。お元気でしたか?
年度末の波にのまれて・・・・ 何でこうも忙しいのか!!!

さてさてBeatlesのお話のはじまり、はじまり~~ぃ。

1962年4月5日(木)
ビートルズ・ファン・クラブの主催でキャバーンに出演。
で、前半のステージは皮ジャン。後半はスーツで演奏しました。
dc703afc702131601f6c0ea684cf2889.jpg

eri.jpg
     このときリンゴは、まだ居ません。

そして同じ年の4月7日(土)
カスバ・コーヒー・クラブとキャバーン・クラブで演奏。
kcc.jpg
体調をくずしていたジョージは、この日と翌日のステージを休む。

カスバ・コーヒークラブとは
当時のドラマー。ピート・ベストの母親によって自宅の石炭庫に
作られたライヴスペースで、ビートルズが、あのキャバーン・クラブで
演奏する以前の1959年に初めてライブを行った場所です。
クラブのステージの天井にはポール・マッカートニーが描いた
虹色のペインティングが今も残っているそうです。
現在は一般公開されており、予約をして入場することもできるそうです。
行ってみたいです (^^♪

おまけ??


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES初めてのラジオ出演 [BEATLES]

またまた、Beatlesのお話です。

50年前の3月7日(水)。
BBCのラジオ番組
『ティーンエイジャーズ・ターン/ヒア・ウィ・ゴー』のためにスタジオ・ライブを行ないました。
で、この日がスーツ姿で演奏した初めての日でした。
襟なしスーツ.jpg
エプスタインは、この日のために、お揃いのスーツを新調したのです。

翌日の8日(木)に7日に収録した放送が放送されました。

だんだんデビューに向けて進んでいるんですね。
この頃は、
まだまだ大成功どころか世の中に多大なる影響を与えるとは思っていなかったんでしょうね。


nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リンゴとポールの新譜 [BEATLES]

リンゴの新譜が2012年の1月30日(月)に発売。
そして
ポールの新譜が2012年2月8日(水)に発売された。
NEC_0036.JPG


リンゴのCDのジャケットの裏です。
NEC_0035.JPG
全9曲。
Anthem (Richard Starkey / Glen Ballard)
Wings (Richard Starkey / Vince Poncia)
Think It Over (Buddy Holly / Norman Perry)
Samba (Richard Starkey / Van Dyke Parks)
Rock Island Line (Arrangement by Richard Starkey)
Step Lightly (Richard Starkey)
Wonderful (Richard Starkey / Gary Nicholson)
In Liverpool (Richard Starkey / Dave Stewart)
Slow Down (Richard Starkey / Joe Walsh)

2曲がカバー曲。 Wingsはセルフカバー。

リンゴのアルバムは、毎回安定感があって、
いぶし銀のような味のあるアルバムに仕上がっています。
今回のアルバムも良い。とにかく良い。
ゆったりと、くつろげて聴けます。


そして、こっちがポールのアルバムのジャケットの裏。
NEC_0034.JPG
通常盤は14曲でデラックス盤が16曲入り。

 1.I'm Gonna Sit Right Down and Write Myself a Letter
 2.Home (When Shadows Fall)
 3.It's Only a Paper Moon
 4.More I Cannot with You
 5.The Glory of Love
 6.We Three (My Echo, My Shadow and Me)
 7.Ac-cent-tchu-ate the Positive
 8.My Valentine
 9.Always
10.My Very Good Friend the Milkman
11.Bye Bye Blackbird
12.Get Yourself Another Fool
13.The Inch Worms
14.Only Our Hearts
----ボーナス・トラック-----
15.Baby's Request
16.My One and Only Love

このアルバム。
8、14が新譜。15がセルフカバー。
残りはすべてカバー曲。それも全編Jazz
ポールが家で、くつろいでいる時に聴いている曲を取り上げたとか。

こちらもくつろいで聴くと最高なアルバムです。
いままでのポールとは、まったく違う感じが新鮮なアルバムで
なんと
2月25日付の全米ジャズ・チャートで1位に輝[ぴかぴか(新しい)]きました ヽ(^o^)丿
nice!(9)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オーディション合格 ヽ(^o^)丿 [BEATLES]

マンチェスターにあるイギリス国営放送局
BBCのブロードキャスティングハウスラジオ出演のためのオーディションを受ける。

結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   合格 ヽ(^o^)丿
3月7日収録の『ティーンエイジャーズ・ターン』への出演が決まる。
Bbc_broadcasting house2.jpg






BBCの建物
かっこいいですね。
















50年前の2月12日(月)の事でした。
翌、13日には
ジョージ・マーティンとエプスタインが初顔合わせをして、、、、。
ビートルズのデモを聴きました。
いっちゃん最初にジョージ・マーティンはボーイズのデモを聴いてどう思ったんでしょうね。

これもデビュー50周年??


nice!(10)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

4人やっとそろった (^o^)v [BEATLES]

またまた50年まえの2月5日1962年のこの日は月曜でした。
リバプールの、とある昼下がり。
キャバーン・クラブでランチタイム・セッション
(平日の昼にライブをやる!!ってのが凄いですね)
その日の夜はサウスポートのキングスウェイ・クラブ[左斜め下]で演奏。
Kingsway Club.jpg
このクラブ。結構高級なのです。だんだんエプスタインの力が発揮されています。

で、
この日はどう言う日かとゆうと・・・・・・・・
体調の悪かったピート・ベストに代わり、
ロリー・ストーム&ハリケーンズ在籍中だったリンゴが
 
           [音楽]Beautiful Dreamer” スタンダード曲ですね。
                  で、この曲。Beatlesも演奏しています[音楽]

ジョン、ポール、ジョージの3名と一緒に
キャバーンとキングスウェイの両方で臨時のドラマーを務めたのです。
(この日、ロリー・ストーム&ハリケーンズのライブはなかったのです)
そうです。
初めて4人で演奏した
歴史的な日なのです (^^♪

この後、4人が一緒になるのは、まだまだ先の話なのですが・・・・・・・・・・。
nice!(7)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。